2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

*favorite shop*

  • TeaRoom
    青梅・多摩川の河岸にある、お庭が素敵なログハウスのTea Room。クリスマスが近づくと、行きたくなります。薪ストーブにあたりに。
  • clearpot
    お洋服をちくちく縫って、おいしいお菓子・料理を作るのが上手なmiwaさんのshopです。 私がリネンの服大好きになったきっかけの人です〜。
  • cafeslow.com
    東京・国分寺にある、スローなカフェ
  • 安曇野地球宿プロジェクト
    長野・安曇野にある農家民宿・地球宿
  • Feriz la Flor
    naturalな雑貨も扱ってる、花屋さん。とってもセンスがいいんです。
  • 紅茶舗 葉々屋
    東京・国立の紅茶葉屋さん
  • 珈琲豆処 こげちゃ家
    東京町田(成瀬)の珈琲豆・紅茶葉屋さん。

。。なかよし。。

無料ブログはココログ

大好きアジア

2011年11月29日 (火)

小学校で話をしました③

                1322499472636.jpg
そして、先週の月曜日、小学校で話してきました。
反省点は…時間管理が下手だったこと。最初生活科室でやるはずだったのが、急遽講堂に変わってしまい、また、PCのセッティングのために30分前には学校に着いたのに、PCを預かって下さっている先生と会えず、バタバタしてしまいました。やっぱり授業の最初は5分遅れることくらいは、読み込んでおかないといけなかったなあと、反省です(時間管理を気にするのは、大学で叩き込まれているせいでしょうね…)。

結果として、やっぱりビルギスちゃんの「学校」の話しで手間取り、消化不良だったユニクロの話しで手間取り。ユニクロを取り上げたのは、子どもたちにとって身近な企業だから、というのが理由でしたが、もっとあっさり取り上げるべきだったと思います。もしくはなくてもよかったかも。
おかげで、衣装体験の時間がなくなってしまい、休み時間に希望者だけ残って、と言ったら、3人とうちの娘が残っただけでした。先生曰く「着てもいいよ、と言っても、恥ずかしい年頃なんですよね、だから、着せてあげると言っても、みんな手をあげなかったと思います。」担任の先生がサリーを着て、ひとり残った男の子がパンジャビを着て、ご機嫌の写真も撮れたから、まあよかったということで。女の子たちも、サルワールカミーズを、かわいいかわいいと、喜んでくれました。
長女の時、担任の先生が持参した衣装を前に「子どもたち、着てみたかっただろうと思いますよ。」とおっしゃっていたのは、そう言う意味も含まれていたのかもしれないです…着てみたいけど、着たいと言えない、というような、思春期の入り口の子どもの気持ちが…。

子どもたちの感想を見ると、日本と比較しながら聞いていたという子ども、ビルギスちゃんの貧しい暮らしにびっくりしたという子ども、刺繍が細かくてびっくりした素敵だったという子ども…私というフィルターを通したある意味ステレオタイプを伝えてしまっていないか、気になりました。でも、「もっと知りたい」「また教えてください」という感想もあり、そこから新たな「知る」ということに向かって行けるといいな、とも思いました。
その中から、嬉しかった感想をふたつ、紹介します。
「日本より貧しいし、子供なのに働かせられることは驚きでした。けれどそんなことがあってもバングラディッシュの人は楽しんでいるのだと思うと、勉強するのが楽しくなってきました。この学習をふまえて、将来ボランティアなどの活動ができたならいいと思いました。」(原文ママ)
「ビルギスちゃんの1つの夢はかなわなかったけど、12才すぎてからけっこんできてよかったです。」(原文ママ)

ひとりでもふたりでも、少しでも、思いが伝わって良かったと思います。

小学校で話をしました②

   1322497013818.jpg1322497016161.jpg(夫撮影:2枚とも)

どんな話をするか、ギリギリまで迷いました。いつもそうなんですけど、バングラデシュの話をする時って、最初は「やりたい!」ってとこから始めるのに、途中で「私なんかが話していいんだろうか…。」って迷うんです。たったひと月、旅行者として滞在しただけの私が、何を語れるのか…。そんな資格、あるのか…。
今回はfacebookで、バングラ関係者の人にアイディアを聞いてみたりしました。バングラの料理を作ったら?という案がありましたが、図書の時間の中で、となると難しいと先生には言われました。あんまり難しい話や悲惨さをあおるくらいなら、体験を増やした方が、とも思ったのですが…取りあえず、レアリア(実物)をたくさん持って行くことにしました。衣類やノクシカタ(刺繍)のベッドカバー、鍋や包丁などなど。少しでも「自分の隣の隣の隣の…」土地の話として受け止めてもらえるといいな、と思いました。
また、迷いに迷った末、担任の先生ご希望の、教科内容とつながるところで、最新経済状況??も付け加えてみました。

①部屋の四隅 (10分)
「私が行ったことがない国はどこ?」「バングラデシュはどこ?」「国旗クイズ」
(選択肢は4つで部屋の四隅に分かれるゲーム、異文化理解の授業でよくやりました。)
②バングラデシュのビルギスちゃん 〜1995年 ピリスカンディ村〜 (15分)
「バングラデシュってどんな国?」「ビルギスちゃんと家族、家、学校、食事」
シャプラニールのHPからいただきました。話の内容はリンク先をご覧下さい。子ども向けのページにリンクしています。)
③バングラデシュの「今」 〜2011年 ダッカ〜 (7〜8分)
「ビルギスちゃんのお母さんの『仕事』」「バングラデシュの繊維産業 ユニクロの場合」「町へ出る女性たち」
④民族衣装体験 (10分〜)


③はいらないかな〜って思ったのですが、せっかく今現在のダッカの情報が入ってくるのでやってみることにしました。「◯◯(次女の名)のお父さんが今、仕事で行ってるんだよ」っていうところから話すだけでも、身近に感じてくれると思ったので。

バングラOVのみなさんには、「20年前と全然違うよ!」と何度か念を押されました。
そこで「昔と今」「地方と都会」という軸に、女性の社会進出をからめた話にしました。
②の主人公、ビルギスちゃんは今、結婚してそれなりに幸せな人生を送っていると伺いました。親世代よりは教育を受けるチャンスがあった世代が今、親となってどうやって生きているのか…そんな大きな流れも多少意識しながら、話してみることにしました。

最初の2枚の写真は、今回夫がバングラデシュ出張中に送ってくれたものです。私のお気に入りの写真です。これを、③の最後に紹介することにしました。
1枚目は父娘で店番をしているところ、未婚の女の子がお店に立ってるなんて!夫も今回の滞在中、数回見かけただけのようですが。
2枚目は車いすの女性が、自分で織ったガムチャ(手ぬぐい)を、車いすの展示台に載せて売っている姿。膝の上のガムチャは、私のお土産になるそうです。障害者の女性が街に出ているなんて!このガムチャ、とてもモノがいいらしく、受け取るのがとても楽しみです。
イスラム教の国で、女性が社会に出ている姿、特に2枚目の女性の目には、引きつけられるものを感じました。自分の暮らしを自分で立てている、その自信から来るのでしょうか…夫には「悲壮感のない話しにしてね。」と言われました。
うまく話せたかな…。(続く)


小学校で話をしました①

307582_300498296642332_100000464918                                          (夫撮影)

小学校でバングラデシュの話をする機会をいただきました。

最初はほんの他愛のない話から…たまたま見つけた次女の学年便りのなかの「英語」の授業の「今月の学習内容」に、「いろいろな国の衣装を知ろう」というのがありました。そこで担任の先生に「うちに、サリー、ありますよ、先生着ませんか?」とご連絡したところ、「もしよろしければ、子どもたちに見せてもらえますか?」とのお返事。「喜んで!」となったのですが、その後先生と話し合って…「英語」の授業の中で見せるのは、もったいないのではないか、もしお願いできるのなら、図書の時間を使いたい、と言っていただき、1時間、時間をいただくことになりました。

実は長女が小5の時と、次女が小3の時、バングラデシュの話をさせてもらったことがあります。
長女の時は、担任の先生(男性)としっかり打ち合わせをしました。「この授業の目的は何ですか?落としどころは?困ってる人に募金をしましょう、ということですか?」と聞かれて「世界にはいろんな人がいて、いろんな子どもがいる、そのことに気づいてくれるだけでいいです。自分が住んでいるいまこの隣の隣の…隣に、こんな子がいるんだ、それだけでいいんです。」と答えました。実は担任の先生、青年海外協力隊に行きたい、という気持ちを隠し持ちつつご結婚されたばかり(笑)ですから、話はすぐに通じて「それでいきましょう!」となりました。
次女の時は…打ち合わせをする時間がなく、いただいた時間も短く、自分としては不完全燃焼。ですから、まさかリベンジがあるとは!

今回は授業案を持って、打ち合わせに伺いました。
最初に作った授業案は
①部屋の四隅「行ったことのない国あてクイズ」→「バングラデシュクイズ」(10分)
②PPTを使って、「バングラデシュってどんな国?」
③PPTを使って、「バングラデシュの子どものくらし」(②③合わせて15分)
④バングラデシュの生活を覗いてみよう〜衣類(20分)
でした。
この授業案を持って、打ち合わせに伺ったのですが、自分が「当たり前」と思っていることが、「当たり前」でないということに、また改めて気づかされました。打ち合わせが大切なことを、改めて思い知りました。そして、先生にお話したことで、新たなアイディアがわいてきました。

担任の先生は、海外旅行をされたことはほとんどなく、途上国のこともあまりご存知ないようでした。ですから、PPTを見せながら話しを始めたところ、とても興味を持って聞いていただけたし、また、自分がどこまで近づいて行かないといけないのか、それも気づかせて下さいました。

もともと私の授業ポリシーは、参加型学習スタイルなのですが、先生との打ち合わせで、レアリア(実物)を見せながら、どんどん子どもたちに参加させていきましょう、ということになりました。
また、バングラデシュの縫製産業の話しをしたところ、社会科で繊維産業の話しをやったばかりだから、ぜひ取り入れてほしい、と言われました。でも、私は20年近く前に一旅行者として行っただけで、「今」「現在」の縫製産業のことまで語るには、知識が足りなさすぎる、さてどうしたら…

さらに、ものの価値、値段の話が出ました。夫のお土産となるはずのガムチャ(手ぬぐい)の写真を見せて「これ、いくらだと思いますか?」と先生に聞いたところ、「100円しないとか、なんですよね。」さすが、先生。子どもたちにこれを見せてほしい、バングラデシュと日本の物価の違いとかの話もいいかも、と言われました。
でも、昔私がタイで体験したことですが、日本の小学生くらいの子どもたちが、「これ、100バーツで安かったから、5個買っちゃった。それでも安いよね〜。」という会話をしていたのを聞いたことがあります。私は当時120バーツ(600円)の宿に泊まっていました。
そういう感覚では捉えてほしくない、という話をしました。そこで返ってきた先生のことばが、「こちらが思わなかった捉え方をする子どももいると思います。でも、そういうこと(バングラと日本の物価の違い)を考える子どももいてもいいと思うんです。」なるほど、と思いました。毎日子どもと接している先生ならではのことば、だと思いました。

ここから、さて、自分の話の軸をどこに持って行こうか、うんうんと悩むことになりました。それはそれで、楽しい時間だったのですけどね。(続く)

2011年11月13日 (日)

バングラデシュOVの会 打ち上げ

1321110879234.jpg1321110885358.jpg
今日は、OVの会の、グローバルフェスタ打ち上げでした。
今年私と次女は、2日目に参加、初日に参加した方も準備を手伝われた方もいらして、にぎやかで楽しい会でした。
今日は、久しぶりにお会いした人、先月会った人、たくさんの人にお会いできました。もともと私のつながりではなく、夫のお世話になった方ばかり、しかもけっこう年上の方が多く(今日の出席者の中で、私は多分若い方から2番目)、いつもお会いするたび、甘えさせてもらってるなあと思います。
今年はほんとにいろんなことがあった年でしたが、つらくてしんどくても、ここにくると、まだまだ何とかなるはず、大丈夫、っていつも励まされます。

今日は珍しく女性が多かったです。例年は男性の方が多い気が…いろいろと話しを聞いてもらえて、女性ならでは、共鳴しあえて、ほんとうに幸せな時間でした。
こんな仲間(と言っていいのかな?)に巡り会わせてくれて、夫にも感謝です。

今日の料理で一番気に入ったのは、カリフラワーとじゃがいもの炒め物!あっ、しまった、ダルのスープを食べるの忘れてた(涙)

2011年10月 4日 (火)

setting sun

320048_291157847576377_100000464918

夫が今、バングラデシュ出張中なのですが…
この写真、気に入ったので、ここで公開させてもらいます!

あ〜現実から逃げ出して、無性に行きたくなります…。